脱毛をするなら医療脱毛?それとも脱毛サロン?

暖かくなり、露出が多くなってくる季節になるとムダ毛の処理に悩まされる女性は多いと思います。
そこで脱毛をしようと考えている人も多くいるかとは思いますが、種類が様々で悩みますよね。

 

脱毛サロンでの格安脱毛から医療脱毛、そして光脱毛にフラッシュ脱毛など、一言に脱毛と言っても様々な種類のものがあり、結局何が良いの?という状況になっている人もいるかと思います。

 

そこで今回は脱毛のなかでも代表的な医療脱毛とサロン脱毛の違い、そしてそれぞれの効果や金額など比較しながら紹介していきたいと思います。

 

脱毛サロンのメリットとデメリット

 

まずはCMや広告でよく目にするような脱毛サロンについてご紹介していきます。
結論から言うと、脱毛サロンでの施術では永久脱毛にはなりません。

 

そもそも施術をする人たちが資格を保有していない、いわゆるエステティシャンのような人たちが行います。
そして脱毛サロンで使用されている脱毛機器は、強力なものは使用できないようになっています。これは国によって規定されています。

 

なぜなら、強力なものを使用して何かトラブルがあったとしても施術するスタッフは資格保有者ではないのに加え、医療的な知識もないため対応ができないからです。

 

威力が弱いということは施術にも時間がかかります。そういったことから、サロンでの脱毛は一時的な減毛としてしか効果は得られません。

 

毛の生え変わる周期がくると、施術する前と同じようにまた生えてきてしまいます。

 

しかしサロンでの脱毛もデメリットばかりではありません。メリットとしては金額がとても安いので気軽に通えるというところがあります。脇であれば1000円程度でできてしまうところも今では多くあります。

 

人によっては露出が多くなるような暖かい季節だけ脱毛できればいいやと考える人もいるので、そういった人にとっては金額も安く一定期間は一時的な減毛がてきるのでとてもお得かもしれませんね。

 

医療脱毛のメリットとデメリット

 

続いて医療脱毛です。
医療脱毛は医療機関で行っているものなので、施術するスタッフも医療脱毛に関しての資格保有者であり、加えて医療的な知識を持ち合わせている病院の医師や看護師が行っています。

 

医療機関で扱っている脱毛機器は強力なものを使用できる許可が国から下りているので、そういった脱毛機器を使用し、少ない回数で永久脱毛にすることができます。

 

最大のメリットはやはり医師が駐在しているというところにあります。何か施術中や施術後に肌に異常を感じたとしてもその場にいる医師がすぐに診断をし対応してくれます。

 

そして何よりもアフターケアまでしっかりとしているのでそういった点から考えるとやはり安心感も違います。

 

どうしても金額が高いというところが難点ではありますが、大体同じ部位を5回程度当てることによって永久脱毛は可能だと言われています。

 

ちなみに両脇だと安くても4000円程度からになります。足や腕となると一万円程度のところがほとんどです。今後のことも考えて永久脱毛がしたいという人はやはり医療脱毛の方が良いでしょう。

 

 

脱毛サロンと医療脱毛の違いまとめ

 

いかがでしたでしょうか?
医療脱毛とサロン脱毛にはそれぞれ特徴があります。どちらが良いとは一概にも言えずやはりそれは人それぞれで、その人の体質などもあると思います。

 

元々ムダ毛がほとんど生えてこないというような人にとってはサロン脱毛の方が向いているかもしれませんし、やっぱり永久脱毛がしたいという人にとっては医療脱毛の方が良いでしょう。

 

医療脱毛とサロン脱毛のメリット・デメリット、そして自分の体質などと合わせて考えてみてから判断するのが一番いいと思います。その際はぜひこちらの記事を参考にしてみてください。